« 新しいオムライスだ! | トップページ | 今朝のココロさん! »

ココロが知りたいと言うので!

ココロが、最近読んだ面白い本を教えてくださいと言うので、レビューだ!

読んだ本はみなまで言うな!

Karu

小説 『白銀のカル』(しろがねのかる)
著/竹内なおゆき
イラスト/駒都えーじ
発売日/2008年3月29日
定価/本体680円+税
発行/エンターブレイン

内容は、コンプティークに連載していたのにラストに少し加筆した感じでしたね!

これは、暁のアマネカと蒼い巨神の少し前に当たる話だと思われます!

主人公は、カル・ルスラン(15)!ルスラン王家のお姫様らしいが、ルスラン王国はカルが生まれたころには、既に権力を失っておりカルは、古代パシアテ文明保存管理局”ライブラリ”の一員としてルスラン家の臣下であったファルツとアイラと働いている。

何故カルが”ライブラリ”なんかに参加しているのかと言うと、カルの持つアルパーと言う有人型Eテク兵器とそれを操るルスラン流とか言うアルパーの操作技術を買われて、ルスラン国の復興を願い帝国に恩を売る為に所属している。

仕事が忙しいと言う事もあり、テスト勉強ができない(ジュニアアカデミーは、定期テストで100番以内に入らないと落第らしいカルの成績はぎりぎり)とぐちぐち言いながらテロが起こる確率のあるクイーンズマター号に乗りこむ。

同じくその船に乗り合わせた、ラボアキン公国と言う小さい国の王様の弟トアラ・ラボアキン(13)が皇帝在位20周年記念のパーティーに、出席する為とジュニアアカデミーに入学する為に帝国に向かう途中であった。

その中で予想通り事件は起こった!

テロリストにより占拠されたクイーンズマスター号、そのテロリストの機動兵をすべて倒すカルしかしテロリストは、船内に大型Eテク機動ゴーレムを隠していた!

(事前に調べてたのに気付かなかったのかファルツ・・・。)

アルパーで迎撃をするが、テロリストには逃げられてしまう・・・。

その後トアラは、帝国での後見人であるメイスン商会のリエ・メイスンとと出会いアカデミーに向かう途中、木の上で寝ているカルと再会する・・・。

カルはリエの親友であったようで、カルのテスト事情を知っておりトアラとリエのテスト切り抜け勉強会作戦が、発動されるがまたしても、テロリストの襲撃によりカルは勉強できずに出撃をする羽目に・・・。

テストまで日は無いと言うのに・・・。

流石にテスト勉強と仕事で動きの鈍ったカルは、思った以上の苦戦を強いられる!

思った以上の強度を誇る敵の殲滅にてまどい、好奇心で見学に来たリエとトアラを巻き込んでしまう・・・。

苦戦しながらも何とかテロリストを殲滅するカル!

翌日殲滅した跡から見つかった残骸を元にテロリストの所在と思われる場所が発覚した為そこへ向かう為学校を休んでしまうカル、本格的にカルの落第の危機が訪れた為リエとトアラに学級委員長のユーネを加えカルの自宅であるホテルに向かう!

一方カルの方は、テロリストを追い詰めたと思いきや隠しゴーレムで逃げられてしまう。

ボロボロになりながらも学友の友情に感謝し、シャワーを浴びて勉強に臨むカルしかしうらやましいぞトアラ・・・。

15歳とは思えぬカルの裸体を拝めるとは・・・。

徹夜をし勉強が進んだと思われたカルだが、敵組織のバックと思える国が見えてきた為またしても、ライブラリの呼び出しをくらってしまう!

(ついてないな・・・だからアマネカにパシ研に拉致されるのか・・・。)

しかしその仕事と言うのが、ザイデンと言う国の宰相の人物鑑定!

しかし一国の宰相に、コネもなく会えるわけもなく、トアラ(一応国の代表代理だから)を利用して接触を試みる!

しかしこれが、カルの更なる不運の幕開けだった!

この宰相の狙いは、トアラの高純度オリハルコン出会ったトアラの身柄を盾に、オリハルコンを狙うテロリストに、一緒にさらわれてしまう・・・。

何度か対面している為面が割れているカルは、テロリストの拷問にあってしまう・・・。

拷問を喰らっているカルのイラストエロくていいです・・・。

カルを助けようとするファルツしかしライブラリは、カル救出よりも外交的にトアラに何かがあった場合を、懸念してカル救出には動かない!

ライブラリの命令を無視しカルの救出に向かうファルツとアイラ(メイドと思いきやなかなかの射撃の腕を持っている)なんとか脱出するカルとトアラそんなボロボロの状態で起こる事件・・・。

テロリストが、ザイゼン宰相の圧力でテロの元凶がトアラだと言う滅茶苦茶な通報を行いトアラを逮捕させ証拠として押収と言う形で警察に届けられたオリハルコンを奪うと言う手に出たテロリスト!

しかしこの無茶苦茶な行為が、カルの怒りに火をつけた!

テロリストの殲滅に向かうカルと証拠を手に入れたライブラリ!

トアラを襲ったゴーレムをかろうじて倒すカル、しかしそこに入ってきた他の場所でも暴れているゴーレムの情報・・・。

連戦でアルパーも傷つき、体力的にきついカルの前に立ちふさがったゴーレムは、なんとトアラから奪った高純度オリハルコンが搭載されていた!

ゴーレムの性能は、オリハルコンの純度で劇的に変わる!

(いい例が、テンザンです。)

テロリストはこのゴーレムを国外に持ち出すことより、帝国のゴーレムを倒すことで帝国の威信を崩すことに目的を変えたゴーレムの猛攻が続く・・・。

防戦一方になるアルパーそこに飛来する銃弾、その銃弾はテロリストの武器を破壊する!

その銃弾は、ファルツの放った銃弾であった・・・。

有人型が、型遅れだと言うテロリストに対してカルが取った手段は、アルパーで敵ゴーレムの動きを奪いアルパーからおりたカルのルスラン流対機動兵・突貫戦術の奥儀装甲切断用大鉈Eハチェットを最大出力にしトアラのオリハルコンを奪い返す!

オリハルコンを失い身動きができないゴーレムに、止めを刺すアルパー!

勝負は決した!完全敗北したルゴウフ(テロリストの名前)彼の台詞は、革命マニアのお約束のようなセリフ!

「罪の意識だと?」

「我々には、大義がある!」(ここまでならデラーズみたいでかっこよかったのに)

「時代遅れの女騎士にはわかるまい!」

「貴様らルスランのものは、帝国を仇とするはずなのに、身も心も彼らの狗になっている救いようもない!」

「帝国の標榜する正義を信じているのか?やつらにEテクノロジーを独占させておくことがどんなに危ういことか。ふはははは、私の仕事は、まだ終わらないぞ!」

「この作戦は私の勝ちだ、既に種はまいた。じきに帝国以外の国でも高度Eテクノロジーを扱える時代が来る。世界が帝国の嘘臭さに気づく日が来る。その時まで、帝国の権威につばを吐きかけてやるぞ。やつらは文明の名に値しない。だから私は・・・」

アホだ!

アホすぎるこんな長々と演説何かかますから、せっかく遠隔操作のゴーレムを使ってたから逃げる時間があったのに・・・。

ファルツに、倒されてしまった・・・。

悪事が発覚したザイゼンの飛行艇はライブラリに、破壊されすべてが終わった・・・。

テスト以外ボロボロになりながらも、徹夜で勉強するカル・・・。

何とかギリギリで、残ったカル・・・。

(ちなみにトアラは3位)

だけど蒼いシリーズやってる人にとっては、ルゴウフの言い分もわかるんですよね・・・。

トリスティアでは、ナノカが植民地化を狙う帝国とヤクトテンザンで戦うと言うシナリオもあるし!

ネオスフィアでは、帝国の暗部を隠す為に軟禁されてしまうエリンシア・・・。

けっこうやりたい放題やってるんですよねフルクラム帝国って・・・。

さー今後ユーネ以外は、アマネカに拉致されどんだけ不幸に巻き込まれるか・・・。

ゲームに期待だ!

実は一番気になってるのは、ゲームの設定資料に入ってないアルパーが出るのか?

やっぱりカルは、はいてないのか?(まて)

|

« 新しいオムライスだ! | トップページ | 今朝のココロさん! »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504152/40693118

この記事へのトラックバック一覧です: ココロが知りたいと言うので!:

« 新しいオムライスだ! | トップページ | 今朝のココロさん! »