« ココロが遂に日記を書いてくれた~! | トップページ | 笑えるココロ! »

めたさんにお返し。

ココロの同人誌を作りたいとのことなので

同人誌を作る場合

まずパターンが3つあります。

1:すでにサークルを持ってる人と組か作った物を委託でおかせてもらう。

(同ジャンルの人でないと迷惑がかかる場合があります。

鬼畜エロサークルの本の中にココロの本が置いてあったら自分は泣きます・・・。)

2:自分でサークルを作って即売会に申し込む。

3:自分で即売会の主催になる。

まずパターン1から説明します。

売上を重視するのならば、ジャンル無視で売れてるジャンルで中堅以上のサークルに委託をさせてもらうか共同制作をする。

重視しないのであれば、カタログを見て同ジャンルのサークルさんに連絡を取って相談をする。

コミケの場合CD-Rカタログならば登録してあればHPとかも紹介されています。

(ちなみに自分は、登録してないけど。)

てっとり早くかなりダークな方法で売るのであれば、虎とかK-BOOKSとかメロンブックスとかで委託販売をしているサークルさんに、表紙を描いてもらってそのサークルの名前で売る。

ただしこれは、コストがかかります。

まず人によって最低冊数の契約があるのであまり大きい所だと恐ろしい数作るはめになり、売れないと泣きが入ります!

おまけは、コピー本禁止!

(前知り合いサークルにあった話で、200以上が最低って言われてたような)

後は、店舗委託なので売上の上前その店には取られます。

(即売会に比べて高いわけは、これです。)

一番大きいのは、会場じゃないから買う人の生の顔が見れないさびしさですね。

(後名前を借りる形になる為、金銭トラブルにはご注意を!)

パターン2自分でサークルを作る

これは、一番普通のパターンですね。

自分の場合これですね。

いきなりサークルを作るのもいいけど自分はよろづサークルの原稿募集で、参加させてもらってその人に色々聞きました。

まず参加するイベントを決める。

大きなイベントで

↓コミックマーケット

http://www.comiket.co.jp/

↓サンシャインクリエイション

http://www.creation.gr.jp/

関東だとこの二つが大きいです。

(ごめんなさいインテックス系イベントは参加してないので関西はわかりません)

以前同レベルのイベントだったコミックレヴォリューションと言うイベントもコミック1と言う名前で復活すると言う話も聞いています。

コミケはビックサイトで年2回、サンクリはサンシャインで年4回やってます。

後は浜松町の都産と言う場所でもよくオンリー会などが行われています。

手順は

1:申込書を手に入れる

コミケは有料で会場で買う形になりますが、他のイベントは大抵ホームページからDLとか秋葉原の同人誌を扱っている店にチラシ兼申込書が、置いてあります。

2:必要事項を書き込んで入金する

これもコミケだけ特殊、コミケはオンライン申し込み(注オンライン申し込みでも申込書を買う必要があります。)と申込書の申し込み用紙を書くと言う2パターンがあります。

何故申込書を買わなければいけないかは、申込書に整理番号があるからです。

コミケの場合申込書1,000円参加費7,500円で8,500円と振り込みなので振込手数料がかかります。

他のイベントは大抵申込書に書いて、安いイベントで2,000円高いイベントで5,000円位かかります。

(この値段は、会場規模で決まります。)

こちらは振り込みができるイベントと、定額小為替で払わなければいけないイベントがあります。

これは主催者次第なので、どちらを採用しているかはわかりません。

(注:オンリー即売会は、主催者の過去履歴を確認してください、ほとんどいないのですがまれに、参加費詐欺をやる人がいます。

後は会場が抑えられなかったり参加サークル数があまりに少なく、いきなり延期やイベント中止もあります。

こういう状況になったとき、申し込み料を返還してくれる方と、持ち逃げする人がいます。)

3:当落結果を待つ

こればかりは運なので・・・。

(オンリー会は、参加サークルが予想以上に増えた場合気合でスペースを作ってくれるので墜ちる確率は低いです。

有能な主催の場合に限りますが、参加サークル予定30で会場抑えたのに申し込みが63来ちゃってそれでも気合で会場に入れ切った有能な主催者さんも・・・。)

受かれば、行動あるのみ!

コピー本ならページ数の計算をして開場までに作り終わればOK!

(時々開場してもまだ作ってるサークルあるけど・・・。)

メディアで作る場合コピーでも印刷屋さんを使ってもいいです。

印刷所さんはHP見ると、入稿日ごとの値段が書いてあります予算に合わせて入稿日を決めてください。

印刷所例

http://www.kyoshin.net/

↑共信印刷さん

http://www.kurieisha.com/

↑くりえい社さん

http://www.sunrisep.co.jp/

↑サンライズさん

http://www.shippo.co.jp/neko/

↑ねこのしっぽさん

http://www.ryokuyou.co.jp/

↑緑陽社さん

上記が有名な印刷所さんです。

(あくまでここに載ってないと無名と言うわけでなく自分が知ってる範囲だけで書いているだけです。)

4:イベント当日

コピー等の場合は、持ち込み。

印刷所の場合はサークルまで運んでくれるところと、指定場所に取りに行くところがあるので、それは事前打ち合わせをしっかりと。

スタッフが見本誌チェックに、来ます。

イベントによるのですが、印鑑と朱肉は必要になる場合が多いです。

必要事項を書いて印鑑(三文判可)か指で印を押し、見本誌提出を行います。

(この時チェックが入り問題がある場合はスタッフ判断か、イベント判断で販売中止か修正指示になる場合もあります。

上記状態になるのは、あまりに直接的な性表現や、描いちゃあいけない版権物があった場合が多いです。)

チェックが終わると、開場を待ち開場後イベントを楽しんでください!

(サークル放置で大手に行くのはやめてね・・・。)

イベント終了

後片づけ

余裕があれば、スタッフのお手伝いをしてあげましょうスタッフは、ボランティアでやってくれているので、手伝っても罰は当たらないでしょう!

時間が終わってからもだらだれしているのは迷惑をかけます。

最後に

3:自分が主催になる

これは、絶対に薦めません!

持ち出しになる可能性が高いからです・・・。

これはかなりの人脈が無いと赤字になります。

1:ボランティアでやってくれるスタッフ経験者

2:カタログ作成を手伝ってくれる人

3:客寄せになってくれる大手サークル

上記が最低限になりますね。

(2と3は併用可能)

後は、会場を借りる為の交渉能力

かなり本業を犠牲にします。

もし参加サークルが集まらず、中止になった場合のキャンセル料も安くない・・・。

メリットは、自分色のイベントに出来ることですね!

とまあ色々書いてみました。

参考になればいいです。

(実は今回家のサークルも絵師募集中だったりする、いつもの絵師さんがココロに興味を示さない・・・。

家の絵師の報酬は、イベントで買った大手の本だけですけど・・・。

なんせ赤字サークルだから・・・。)

|

« ココロが遂に日記を書いてくれた~! | トップページ | 笑えるココロ! »

同人」カテゴリの記事

コメント

10倍返しをはるかに上回るお返しを下さいましてありがとうございます。

おお……。微に入り細に入り説明していただいて感謝です♪

ココロ本作成時の販売方法ですが、現実的には通販&制作協力いただいた方のサークルさんでの委託を考えていました。
部数的にもそんなに多くはいらないかな……、と勝手に思っていたりして……。

いろいろ不安もありますので、ご指導いただけると幸いです。
これからもどうぞよろしくお願いします♪

投稿: 後藤めたる(めた) | 2008年4月 6日 (日) 02時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504152/40732843

この記事へのトラックバック一覧です: めたさんにお返し。:

« ココロが遂に日記を書いてくれた~! | トップページ | 笑えるココロ! »