« 新しい広告! | トップページ | マクロスF 11話ミッシングバースデー »

伝説復活RX500!

伝説のスーパーカー「マツダRX500」復活

Rx500

 40代のお父さんらが少年時代に心躍らせたスーパーカー。ブームの先駆けとされるマツダの「RX500」が7月によみがえる。1970年の東京モーターショーに登場して話題をさらった未来カーは約30年間、マツダの倉庫に眠ったままだった。修理工場で部品を手作りしながら、「復活」に向けた作業が進んでいる。

 RX500は、67年に世界で初めて実用化されたマツダのロータリーエンジン(RE)を紹介するコンセプトカー。最高速度は推定で200キロを超え、イタリアのランボルギーニ・カウンタックよりも早く上下開閉式のドアを採用するなど未来感覚にあふれた車だった。

 東京モーターショーで話題をさらった後、世界各地のモーターショーを回り、スーパーカーブーム全盛の78年にはマツダの新型車発表イベントに登場した。

 ブームが去った後は、広島県府中町のマツダの倉庫で保管されていたが、人気は根強くネット上で思い出話やお宝写真が飛び交っていた。

 スーパーカー展を企画していた広島市交通科学館(広島市安佐南区)の秋政久裕主任学芸員(46)らがマツダと交渉し、修復して展示する許可を得た。ほこりをかぶり、タイヤの空気も抜けた状態だったという。

 広島市内の修理工場で修復作業が進むが、キーやガソリンタンクのふたさえなく、改めて手作りが必要な部品も多い。工場の修復担当者(57)は「新品同様にするのではなく、40年たった味わいを残したい」と話す。

 ファンの間では緑、黄、銀の3台があると信じられていた。だが、今回の修復作業でドアの破損部分からこの3色の層が見え、順に塗り替えられた1台が色違いの3台と思われていたことがわかった。

 マツダは「最近の子どもたちに車の絵を描かせると、ミニバンなどの実用車になる。夢をのせてつくられた40年前の車は今の子どもたちが見ても驚きを感じるはず」と話している。展示は7月19日から8月31日まで、同館(082・878・6211)で。(青山芳久)

自分は、まだ生まれて無い頃の車ですね!

マツダはあまり詳しくなかったので、こんなかっこいい車があったとは知らなかったです!

広島以外でも見れればいいのにな~!

|

« 新しい広告! | トップページ | マクロスF 11話ミッシングバースデー »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504152/41586569

この記事へのトラックバック一覧です: 伝説復活RX500!:

» マツダコスモAPとは [マツダコスモAP ]
マツダコスモAPとは、マツダが1975年から1981年まで製造していたラグジュアリーカーである。公害が社会問題になって… [続きを読む]

受信: 2008年6月29日 (日) 22時07分

« 新しい広告! | トップページ | マクロスF 11話ミッシングバースデー »