« きた~!ツヴァイⅡ! | トップページ | 07月02日のココロ日記(BlogPet) »

深夜番号裏情報!

夜11時から12時までの時間帯は、ネオプライムタイムと呼ばれ、プライムタイム(夜7時から11時まで)に次ぐ広告料金設定となっています。

そのくらい広告効果が見込まれるほどに視聴者が多い時間帯なのでしょう。

また、バブル期以降、テレビがほぼ24時間放送になったのを受けて、深夜12時以降の番組も数えきれないほどオンエアされています。このコーナーでは、そんな加熱する深夜番組の実体を調査するため、さまざまな業界を徹底取材し 深夜番組の裏側に迫ってみました。

裏情報1: どうして深夜はお笑いが多いの

深夜だけに、リラックスしてみる番組が好まれるから、お笑い番組が多い。これはこれで正解です。しかし、表の事実があれば裏の事情もあるもの。以前は、テレビ番組はテレビ局が作るものでした。しかし現在では、制作プロダクションのみならず、芸能事務所も番組制作に深く関係しています。芸能プロダクションが番組を作って、その番組をテレビ局に納品するという形もあるのです。

【某芸能プロダクション関係者】
「テレビ局にとっては、番組制作会社に発注するのも、芸能プロダクションから番組を買うのも同じこと。芸能プロダクションにとっては、自社のタレントを自由にブッキングすることができるし、知名度をアップさせて営業に向けた宣伝効果もある。しかも、番組DVDなどを作る場合でも、その権利を強く主張することができるから‘ウマみ’があるわけですお笑い番組多くなるのにも、ビジネスという理由があるようです

裏情報2: 深夜番組って製作費が安いって話なのに、どうして有名タレントがいっぱい出ているの。

深夜番組の制作費が低いのは事実です。ゴールデンタイムなどに比べれば収入も少ないため、どうしても制作費が削減されがちです。しかし、だからといって、最初から視聴率をあきらめているわけではありません。そのため、ひとつの企画を通すには、その番組が人気となるような条件が必要になります。

【某広告代理店関係者】
「その企画をなんとなくよく見せる第一ポイントが、有名タレントがキャスティングされていること。雑誌でもそうじゃないですか。表紙が有名人だと、なんとなく安心するでしょ。テレビも同じで、有名人が画面に映っていれば、それなりに視聴率も期待できるし、広告営業にとっても、プッシュしやすくなるわけです」裏情報1で見たように、芸能プロダクション主導の番組なども、そのプロダクションが仕切ったタレントが司会となることが多いようです。

裏事情3:深夜にアニメが多いのは何故?

オタク文化が市民権を得て、大人のアニメファンが増えたのでアニメの時間帯が深夜に移動した、というのも事実です。しかし、ここにも裏の事情があるようです。

【大手プロダクション広告関係者】「広告代理店が押さえている枠っていうのがあるんです。代理店は一括で広告を受けるために、深夜も含めて番組枠を複数押さえています。また、広告枠だけでなく、番組制作にも関わっているものもあります。でも、全部の枠を埋めるのは苦労するので、そこで代理店が目をつけたのがアニメ。アニメ会社はお金を払ってでも番組枠がほしいんです。一度、地上波でオンエアされたという実績が、ぜひともほしい。テレビで放送されれば、そのソフトや関連グッズなどで回収できる可能性がありますから。広告代理店にとっては番組枠を埋めることができて、ターゲットがハッキリしているから、深夜とはいえ広告も狙える。視聴率だって、低めとはいえコアユーザーがいて安定している。悪い話じゃないんですよね」単純にアニメ好きが増えたというだけではないようですね。

裏情報4:名前も知らないアイドルの卵たちが深夜によく出る理由は?

確かに深夜でしか見かけないアイドルって人もいますね。この理由は、若手芸人が多く登場する理由と同じようです。

【前出某芸能プロダクション関係者】「若手女優やグラビアアイドルも、お笑いと同じことなんですよね。事務所の系統がドラマ系なら、ドラマを作って局に売り込む。それでテレビで露出できて、抱えているタレントの知名度があがれば、ブレイクへの足がかりにもなる。ドラマを経験させることで、少しでも芝居がうまくなるって意味もありますし。グラビア系でもアイドル路線でも、深夜枠を使った宣伝なんですよ。だから、その分ギャラは格安。アルバイト程度って思っていいんじゃないでしょうか」深夜枠は有名人司会者を使いつつ、ワキを卵たちで固めることで予算を抑え、そして、次のスターも生み出すという仕組みになっているようです。

裏情報5:深夜枠に妙に面白い番組があるのは何故?

たしかに、深夜だからこそという番組は存在します。この特集でもとりあげたみうらじゅんの『シンボルず』などは、その代表例かもしれません。【某テレビ制作関係者】「それはやっぱり、自由度が違いますから。企画を出すにも、ゴールデン狙いなら、局の審査も厳しいし、スポンサーの意見も強い。でも、深夜番組ならチェックも緩くて、スポンサーは元々いないようなもんだから、規制を気にする必要も少ない。制作の勢いがそのまま出ておもしろい番組になることもありますよね。ただ、そういう勢いを長続きさせるには、よっぽどしっかりしたイメージやリーダーがいないと。だから、深夜番組の場合、最初はおもしろくても、そのおもしろさが長続きしないことも多いですよ」勢いのあるものが次から次へと出て消えていく。それが深夜の宿命なのかも。でも・・・。

広告会社少しは気きかせろや!

他局と番組がかぶらない位の最低限の配慮位してくれよ・・・。

ま~一番の問題はあほみたいに高い放送権料、いい加減放送権料まけろよ・・・。

下手したら今後1クールTV後は動画配信サイトとか、OVAが今後増えかねない気がする・・・。

そう言えば最近ゴールデンで、目立ってる謎の人がいる・・・。

ロザン宇治原・・・。

この人クイズ番組ではよく見るけど・・・。

芸全く見たことが無いんだけど・・・。

一応芸人だよね?

|

« きた~!ツヴァイⅡ! | トップページ | 07月02日のココロ日記(BlogPet) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504152/41700811

この記事へのトラックバック一覧です: 深夜番号裏情報!:

« きた~!ツヴァイⅡ! | トップページ | 07月02日のココロ日記(BlogPet) »