« やばすぎです! | トップページ | ココロの新しくて熱かしいCM! »

スピリッツに古豪復活!

「美味しんぼ」連載再開は和歌山から 原作者が知事と対談

小学館の週刊誌「ビッグコミックスピリッツ」で休載中の人気漫画「美味(おい)しんぼ」が平成21年3月にも再開し、第1弾の「日本全県味巡り・和歌山編」をスタートする。県内の食材や伝統料理を取材していた原作者の雁屋哲さんが14日、県庁を訪れ、和歌山の食をテーマに仁坂吉伸知事と対談した。

 雁屋さんは10、11月の計10日間、みなべ町の梅料理や那智勝浦町の目張りずし、田辺市のシラス料理など県内の伝統料理を県職員らの案内で取材した。雁屋さんは「本当にいい取材ができた」と振り返り、和歌山の印象について「海と山があり、しかも歴史が古い。文化的に違うものが混在している面白い県。そこは漫画に書きたい」と語った。

 さらに「郷土の伝統料理や文化を記録し、若い人たちに伝えるのが僕の役目。今の若い人は外からの情報に踊らされ、自分たちがどんなにいいものを持っているか忘れている」と指摘。仁坂知事が「和歌山はいいものを持ちながら認められていない。よその人に知ってもらいたい」と話すと、雁屋さんは「和歌山の若い人たち自身が和歌山のことを知ってほしい。そうしないと県はよくなりません」と提案した。

 雁屋さんは印象に残った料理の一つに、煮たサトイモを丸ごと椀(わん)に入れた旧大塔村(田辺市)の料理「ぼうり」を紹介。同地域では大塔宮護良親王に対し失礼があったため約600年間、正月にもちをつかない代わりに食べたという伝承を挙げ、「(和歌山は)歴史があって信じられないような話が出てくる」と称賛した。

 「美味しんぼ」の連載は5月、反目していた主人公の山岡士郎と父の海原雄山が連載25年にして歴史的和解を果たし、現在は休載中。再開第1弾の和歌山編は来年6月には単行本化される見通し。「日本全県味巡り」シリーズはこれまで8府県が登場している。

KC102巻の所で雄山と士朗が和解して休載してたんですよね!

おかげでスピリッツで読むのがラストイニングと昴だけになっていた所に古豪復活!

1巻から集めているファンとして凄くうれしいです!

|

« やばすぎです! | トップページ | ココロの新しくて熱かしいCM! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504152/44083752

この記事へのトラックバック一覧です: スピリッツに古豪復活!:

» 伝説のサイト復活! [WANTEDS' WEBSITE]
ついに復活しました! バイクツーリングチームサイトでもあり ハイアカンサーバーで活動するTWサイトでもある WANTEDS' WEBSITEです★ 関東ツーリングレポートなど 関東を走るにはもってこいの場所を掲載してます! 過去所有バイク、現在所有バイクなど車に至るまで 主要書元・改造点を掲載しているサイトです。 他に、オンラインゲーム・TalesWeaver(テイルズウィーバー) のキャラクターデータ、裏技、攻略など掲載してます。 是非是非ご覧下さい! ... [続きを読む]

受信: 2009年2月16日 (月) 22時25分

» 工芸デザイングループ「Unit Bee」結成、津軽塗りの石戸谷英子さん 青森 [津軽塗り|日本人に愛されてきた漆(うるし)器]
◇生活者目線を大切に−−石戸谷英子さん(55) 本業はインテリアコーディネーター。1年前、同業の高嶋真弓さん、造形作家の山本景子さんと、青森の手工芸を生かした新商品の開発を目指す「Unit Bee(ユニット・ビー)」を結成した。第1弾として、津軽塗の職人と一緒にアクセサリーを試作中。5月ごろに東京の専門店に持ち込めるよう、準備を進めている。 05年に県の呼び�... [続きを読む]

受信: 2009年2月16日 (月) 23時59分

« やばすぎです! | トップページ | ココロの新しくて熱かしいCM! »