« 今日の咲いいな・・・。 | トップページ | 鋼の錬金術師 4話 錬金術師の苦悩 »

河村先生おめでとう!

生粋の地元っ子!河村たかし氏が名古屋市長当選

任期満了に伴う名古屋市長選の投開票が26日行われ、無所属新人の前衆院議員河村たかし氏(60)=民主推薦=が、自民、公明両党の県組織が支持する元中部経済産業局長細川昌彦氏(54)、愛知県商工団体連合会長太田義郎氏(65)=共産推薦=ら無所属新人3人を破り、初当選を果たした。投票率は50・54%で、前回を23・04ポイント上回った。

 河村氏は自宅兼事務所に詰めかけた100人以上の支持者の前で「どえりゃーうれしいですわな」と話し、ぴょんぴょんはねながら何度もバンザイ。おなじみの名古屋弁で喜びを爆発させた。議員時代から“総理を狙う男”を自任。党代表選で6回にわたり出馬宣言し、いずれも20人の推薦人が集まらず断念。しかし、“名古屋の総理”の座は1回でつかみ取った。

 郷土の英傑・織田信長を敬愛する生粋の名古屋人。ずけずけした物言いがウケて多数のテレビ番組に出演した。抜群の知名度を生かし衆院議員で5回連続当選した市中心部の地盤から支持を拡大。目玉公約に「市民税10%減税」を掲げたほか、市長手当を現在の3分の1以下の「800万円に」などと主張した。民主党の菅直人代表代行が応援に来ても別の場所で街宣するなど“民主カラー”を極力抑え、候補者本人の個性を前面に出す作戦が奏功した格好だ。

 河村氏を待ち受ける市議会(定数75)は自民、公明両党の合計議席が過半数に1議席足りないだけの“反市長派”が多数。すでに「10%減税」に対しては市議会から「パフォーマンス先行」の声も強く反発は必至。河村氏は街頭演説で「減税できなければ私を名古屋港に放り投げてくれ」と力説しているが、条例可決への道は厳しそうだ。

 市長選は事実上「与野党対決」の構図。西松建設巨額献金事件で民主党の小沢一郎代表の公設第1秘書が起訴された後、大型選挙の千葉、秋田両県知事選で続いた民主党系候補の連敗はストップ。小沢氏の進退問題はひとまず沈静化しそうだ。

いや~河村先生は好きだったんで応援していました!

http://www.joqr.net/blog/gozen/

↑このくにまるワイドでいつも楽しませてもらっていました!

記事内には民主党系と書いてあったけど、河村先生は民主党内で孤立していたような・・・。

ある意味民主党内にあって反小沢のイメージがあったのと圧倒的な知名度で勝ったのでは?

民主党の小沢不信は無くなってないと思いますけどね!

何はともあれ今後の名古屋に注目しますか!

党議拘束から外れたから公約を実施できるか?

|

« 今日の咲いいな・・・。 | トップページ | 鋼の錬金術師 4話 錬金術師の苦悩 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504152/44811409

この記事へのトラックバック一覧です: 河村先生おめでとう!:

« 今日の咲いいな・・・。 | トップページ | 鋼の錬金術師 4話 錬金術師の苦悩 »