« うわドロちゃん・・・。 | トップページ | みるもんねー!と思ったら! »

鋼の錬金術師 第7話 隠された真実

マルコーのメモにあった賢者の石の製法を調べる為に、セントラル中央図書館の第一分館に行ったエド達そこで待っていたものは、ラストに焼き払われた図書館だった。

長いので続きは続きで!

一方ラストは、めんどくさいから建物ごと燃やしちゃったってなんちゅう大雑把さ・・・。

グラトニーは、スカーを狙う!

下水道での戦いスカーに深手を負わせるが取り逃がすグラトニー!

一方マスタングは、セントラルが手を焼いている問題を解決すれば株が上がるとまた黒い事を・・・。

そこに、スカーの戦いの報告が入る、可哀そうにハボックくん昼も夜も働いてガレキ撤去係に・・・。

スカーの動きを封じたのでセントラルに戻るラスト!

場面はエド達に戻り、少佐の代わりにマリア少尉とブロス軍曹が二人のガードとお守をする事になった。

4人が向かった先は、元第一分館の職員の元へ向かう、移動中アルに対する突っ込みが趣味だと言い張る兄弟・・・。

目的地に着いて驚く4人住んでるはずのシェスカはどこにもいない、名前を呼びながら歩いていると、アルが人の手を見つける、本の山に埋もれ茶ってるシェスカさん!

完全に本の虫・・・。

第一分館と聞きトリップするシェスカあ~この人も変な人だったな・・・。

実は、仕事中本を読み過ぎで仕事をしなくて無職になっていた更に母が病気だから働かなくてはいけないのに、ドジっ子のためどこにも就職できない有様・・・。

自らをダメ人間と卑下してへこみまくるシェスカ・・・。

長くなりそうなのでエドが単刀直入に、ティムマルコーの研究書に、覚えがないか聞いてみる。

考えだすシェスカ確かにあったと言うシェスカの言葉に逆にへこむエド、あった=丸谷家だから・・・。

するとシェスカが「その研究書を読みたいんですか?」と聞くエドが「そうだけど焼けちまった」とふてくされる・・・。

何事もなかったかのように、「私中身全部覚えていますけれど。」と・・・。

本丸暗記ってとんでもないスキルなんですけど・・・。

時間はかかるけど複写しますと言うシェスカ、かなりの量だから5日かかったってあの量5日って早すぎです!

しかし本のタイトルが、ティムマルコー著今日の献立1000種・・・。

あんたすげ~よと言って図書館に向かおうとするエドが、ロス少尉に銀時計を預けてこれ俺の年間研究費からこれだけ引いといてと軽く言うがその額を見て驚愕する、マリアとシェスカま~そんな額なら、タッカーが執着するのもわからなくはないか・・・。

(やった事は最悪だけど)

錬金術は悪用すると危険な技術だから暗号化が必要だと言うエド、解読方法は知識とひらめき!

(原作であったエドの暗号が旅行記でマスタング大佐の暗号が女性の名前と言うくだりは省かれていますね。)

専門書の名前を言うエドここら辺は理解不能だ・・・。

あまりの難解な暗号に、うなだれるエドとアルそこにシェスカがやって来た。

エドにお礼を言うために、翻訳の方は進みましたかと聞くとへこむ二人組一方アルが、仕事見つかりましたかと聞くと、へこむシェスカ・・・。

「でもお二人のおかげでダメ人間の私だって人の役に立てるんだって思えました。」

するとアルが「ダメ人間じゃないよ、何かに一生懸命になれるって事はそれ自体が才能だと思うし凄い記憶力もある自信を持っていいと思うよ。」と

そんな会話をしている所に、ひょこっと現れるヒューズ中佐!

ヒューズ中佐とため口で話すエドにビビるマリア・・・。

ついタッカーの事を口に出してしまい謝る、ヒューズ「やなことおもいださせちまったな。」とヒューズの悩みは、ただでさえ忙しい所に、捜査資料を置いておいた第一分館が燃えた事・・・。

思いついたようにシェスカを見るエドとアル

中佐にシェスカを推薦するエド

あっさり「よっしゃあ今すぐ手続きだ家は給料はいいぞと!」あっさり採用を決めるヒューズ!(決断はええ!)

ありがとうございますと言っているそばからヒューズに首根っこ引っ張られてさらわれていくシェスカ・・・。

アルの言っていた言葉を反芻するエド、アルの言っていた一生懸命になれる人間とはエドの事だと言うアル!

「そのどっかの誰かさんは引き続き一生懸命やるとしますか。」と!

10日目閉館時間直後に、ふざけんなと怒鳴るエド、マリア達が兄弟げんかかと思ったら暗号が解けその真実を知った事で激昂していたエド!

アルがとけちゃったんですよと言うとよかったですねと返すブロス

しかしエドは、「いい事あるかちくしょう!」と「悪魔の研究求めてはいけない物恨むぜマルコーさんよ」と「賢者の石の材料は生きた人間だしかも石を一個生成するのに複数の命が必要だ」と

軍内部でそんな研究がおこなわれていたと信じたくないマリアとブロス、この事を口外しないでくれと言うエド・・・。

しかしアームストロング少佐のマッチョパワーに押されて白状してしまう二人・・・。

ご飯を食べる気力もないエド「しんどいななんかこう手の届くところに来たなと思ったら逃げられてやっとの思いでつかんだらつかんだそういつに蹴落とされてさ神様は禁忌を犯した人間をとことん嫌うらしいおれたち一生このままかな?俺さずっとお前に言おうと思っていたこと怖くて言えなかった、事があるんだ」アルが「何。」と答えると扉をたたく音が・・・。

しかとをしようとしたが扉をぶち破る少佐・・・。

「軍がそのような研究を行っていたとは真実とは時として残酷なものよ」

と言う言葉に

ふとマルコーの言葉を思い出すエド

「真実?」と言うと「どうしたの。」と答えるアル「マルコーさんの言葉覚えているか真実の奥のさらなる真実錬金術の研究所と一緒だ表面に見えると事が真実の一部でしかない何かあるんだまだ。」と地図で真実を探る一同

第五研究所が気になったエドしかし現在は封鎖されているという

ここだというエドとなりに刑務所があるからと疑うエド

あまりの話の大きさに、高度な政治的な問題が絡むので勝手に動かないようにと釘をさす少佐!

「さてはお前たちこの建物に忍び込んで中を調べようかと思っていたな?」と問い詰められ思ってないと否定しながら侵入を試みる二人・・・。

通風口を見つけるが、アルは入れそうにないので、外に待たせて一人で潜入するエド・・・。

内部で小さくてよかったと言いながら、自分で小さいって認めちまった~と狭い所で苦悩する。

建物の内部に入ると、使われていないはずなのに照明がついており、エドがあおかしいなと思いながらビンゴだぜと言った、その頃外ではアルを襲う影バリーザチョッパーが、ナタを光らせていた。

|

« うわドロちゃん・・・。 | トップページ | みるもんねー!と思ったら! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504152/45046047

この記事へのトラックバック一覧です: 鋼の錬金術師 第7話 隠された真実:

» (アニメ感想) 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第7話 「隠された真実」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
鋼の錬金術師 vol.13 [DVD]クチコミを見る ☆<5/15更新>前回、鋼の錬金術師(第6話 「希望の道」)の感想をポッドキャストにて収録! 「原作準拠という事の意味」、「ウィンリィの心の描写が足りなかった?」、「作品への愛が感じられる作品とは?」等、アニメブロガー...... [続きを読む]

受信: 2009年5月18日 (月) 00時16分

« うわドロちゃん・・・。 | トップページ | みるもんねー!と思ったら! »