« やべえ・・・。 | トップページ | 今日来なかったと言う事は・・・。 »

鋼の錬金術師 第18話 小さな人間の傲慢な掌(てのひら)

今日はリアルでは見て無かったから今から編集です!

(プライベートで出かけてたので!)

ホログラムもなれてきてよく感じるようになってきました!

(どうも歌が変わると少しの間受け入れられない人)

では感想は続きで!

リゼンブールに到着したエドとアームストロング少佐!

理由を話さずに連れていかれた先にいたのはブレタさん!

謎が多すぎて理解に苦しむアルとウィンリィの前に突然現れるリン!

エドも事は心配がいらないと言った所で場面は切り替わり砂漠を移動するエド・・・。

目指す先は、クスルクセス遺跡!

あまりの暑さで加熱したオートメイルで、やけどしかけたエドまるで河童の様に水につかる・・・。

そして東の賢者の話を始める!

シンには西から流れ着いた賢者がいると言う伝説があるそしてクスルクセスはその中間点!

エドが石板を見つけたが目的はさらに先にあるらしい・・・。

ふと女性の声がそこにいたのは、マスタング大佐に焼き殺されたはずのマリア・ロス少尉であった!

いつも通り暑苦しい愛情表現をするアームストロング少佐!

(一歩間違えればセクハラで訴えられるぞ)

先週のネタばらしが始まる!

専門ではないが一応知識はある焼死体を作るのは得意だとブレタの言い焼死体の元を準備してマリアを通路に追い込むマスタング!

裏からハボックがマリアを逃がす!

大佐のおまけの一言も笑える「頭に血が上った奴がいては作戦の邪魔になる」と言っていたのを聞いてブチ切れるエドしかし続く「軍に巣食っている黒幕を釣り上げてみようと思いましてね」と言うブレタその頃うごめくホムンクルス策略でバリーの肉体が咆哮をあげる!

一方リンからネタを聞いて拍子抜けするアルとウィンリィ!

そしてリンは、バリーに出した体の秘密と言う条件を聞こうと思ったら知らないと言いアルなら知っているかもしれないといいかげんに話を振っていた。

そんな約束無関係だと言うアル・・・。

違う場所で同じく無関係な事に、巻き込まれているロス少尉も無関係よねとぼやく・・・。

ヒューズの死に関しては信じるかしない事実と言う事で、沈むエドにこの先どうするんだ?

と尋ねるアームストロング少佐にエドは

「禁忌を犯した俺たちに、協力してくれる人がいる、怒ってくれる人支えてくれる人がいる、元の体に戻ろうと約束した弟がいるそして後戻りはできないだったら前に進むしかないじゃないかだれ一人失わない方法でもし誰かが犠牲になりそうになったら俺が守る、難しい事かも知れない自分に身一つで精一杯なのに、他人まで守ろうだなんて傲慢かもしれないでも今の俺にはこれしか思いつかないだから進むよ前に!」

決意を語るエド!

そしたロス少尉にも尋ねるアームストロング少佐!

ロス少尉は、シンに行くことを決めていた!

両親の口から洩れることを恐れ誰にも言わないでくれと言うロス少尉

そして「アームストロング少佐ブレタ少尉マスタング大佐にお伝えください救っていただき感謝します、そして有事の際は呼び戻してくださいその時は命をかけて働かせてもらいますと元気でねエドワード君!」と言うロス少尉!

実は今連載の場面でこれが効いてくるんだよね!

ハボックとマリアの救援で、形勢立てなおすんだから!

握手をする二人・・・。

再会の約束をして別れる二人・・・。

その頃セントラルで、また暗号で会話するマスタング大佐可哀そうなファルマン今度はバリーの生身に襲われる・・・。

バリーの体に挑む鎧バリーとハボック少尉!

覆面してるのにあっさり名前を呼ぶファルマンに、切れるハボック・・・。

流石元殺人鬼ハボックの銃弾をかわし鎧バリーの腕をぶっ飛ばす生身バリー!

外に追い出しけりをつけようとしたところでいきなりの装弾不良やられるかと思ったらいきなりぶっ飛ぶ生身バリー!

鷹の目(リザ)の狙撃で、窮地を脱するハボック!

自分の体だと認識する鎧バリー!

なんと生身バリーの正体は、実験動物の魂を入れられた体が本来の魂を求めてやって来たらしい・・・。

そこで場面はクルセクスのエドに移る!

先ほど見かけた石板に興味を示すエド!

上の方が欠けていてすべてがわからない事にもどかしさを感じるエド!

そのエドに襲いかかる謎の人影!

エドを襲ったのは、イシュバール人だった!

いきなり囲まれるエドリーダーらしき男が、聖地を取り戻すために人質になれと言ってくると「軍がこんなガキ一人の為に動くわきゃねえだろ」と言うエドに「あの内乱もきっかけは一人の子供の死だった何が歴史を変えるきっかけになるかわからんのだよ!」と言ったら長老の様な人が馬鹿者がとリーダーらしき男をしずめる。

イシュヴァール人はアメストリア人を恨んでいるんじゃないかと言うエドの問いに、以前アメストリスの医者に助けられて全てのアメストリス人が悪者ではないと語る・・・。

その助けた医者と言うのが、その内乱で亡くなったウィンリィの両親だった・・・。

「どんな最後だった?」と聞くエド・・・。

「夫妻は、助けた患者にイシュヴァールの者に殺された!」と言うオババの言葉に「そっそんな!」としか言えないエド「すまないわしらはあれを止められなかった。」と謝るおババ「どこのどいつだ!」と抑えられない怒りをぶつけるエド!

「顔はわからなかった右腕に入れ墨のあるイシュヴァールの武僧だ。」とだけ語るおババ

「機会があったらロックベル夫妻の墓前に報告をしておいてくれ感謝と謝罪を」と続けるおババ・・・。

場面は又バリーたちの方へ移る!

自分の肉体を切れる機会に喜ぶバリー!

ダメだと止めるハボック!

狙撃体制のリザが、別の気配に気づく・・・。

後ろから迫るグラトニー!

肩を撃ち抜くが即再生してしまう!

あまりの再生能力に驚愕するリザ・・・。

いくらリザが強くても、

ヒューズじゃないが、万国びっくりショー相手じゃ分が悪すぎです!

なんせあの再生能力は異常ですから!

|

« やべえ・・・。 | トップページ | 今日来なかったと言う事は・・・。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504152/45817908

この記事へのトラックバック一覧です: 鋼の錬金術師 第18話 小さな人間の傲慢な掌(てのひら):

« やべえ・・・。 | トップページ | 今日来なかったと言う事は・・・。 »