« まさか地元で! | トップページ | 暁のアマネカと蒼い巨神移植決定! »

がんばれテレ東!

テレビ東京が、在京キー局として初のアニメ局を創設して、半年がたった。環境整備も進み、来年1月には新プロジェクトが本格始動する。放送業界の広告収入が伸び悩むなか、アニメをビジネスの主軸にした挑戦がどんな成果を生むか、注目されている。(三宅陽子)

 テレ東が営業、編成、コンテンツ事業の3局に分散していたアニメ担当部署を統合してアニメ局を発足させたのは今年4月。アニメにかかわる情報を一元管理し、ビジネスをスムーズに進めるのが狙いだ。

 アニメ局は社員25人の小所帯で、アニメ事業部、アニメ制作部、アニメ業務推進部に分かれる。田村明彦局長は、発足当初は仕事内容に戸惑いがあったと明かす。「これまでは、営業は広告枠などを売るがその後の番組制作については分からない、制作も番組は作ってもスポンサーをどうつけるのか分からない、といったことが多かった。アニメ局は、3つのセクションに分かれていても、営業から制作、二次利用まで見渡すことができる。スタッフには日頃から一人一人がプロデューサーとして仕事をするよう話しており、その意識は徐々に根付きつつあるようだ」

高品質作品に出資

 テレ東では現在、35本のアニメを放送中で、アニメ局発足後は質の高い作品に積極的に出資しているという。10月に放送がスタートした新作「たまごっち!」や「フェアリーテイル」などはそうした意気込みで誕生、ゴールデンタイムに“抜擢(ばってき)”された。4月スタートの「毎日かあさん」も、「元気が出て感動もしてほろりともする作品」(田村局長)で、視聴率は上向き傾向。アンケートでも視聴者の満足度が高いという。

 放送されたアニメはDVD化、映画化といったビジネス展開を目指しており、収益増をもくろむ。

 原作に頼らないオリジナルアニメの制作も始まっている。来年1月からはアニメ制作会社「アニプレックス」とタッグを組み、オリジナルアニメ「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」を放送。すでに第2弾、第3弾の作品も決まっている。「原作ありきのアニメに頼りっぱなしではなく、オリジナルでもやっていけるという二重構造を作っていきたい。ビジネスがうまくいけば利益を制作会社に還元でき、また新たな作品を送り出せる。業界全体の活性化につながるはず」と田村局長。今後もオリジナルアニメの放送枠は確保していくという。

オリジナルにチャンス

 こうした動きを制作者サイドはどう見ているのか。アニプレックス執行役員常務の勝股英夫氏によれば、現在のアニメはコミックを原作とする作品がほとんどで、制作費をかけてもヒットする保証がないオリジナルアニメは敬遠されているという。アニメーターの多くは、原作の世界観を表現する“受け手”に徹していることが多い。

 勝股氏はオリジナルアニメの強みを、ストーリーの先が読めないことと指摘。「今の視聴者はよりそういった刺激を求めているのではないか。ゼロから作品を作り出せる底力を持つアニメーターは多く、発信できる土壌ができれば新たな表現方法も生まれるはず」とテレ東アニメ局の取り組みに期待を寄せている。

元々アニメに力入れているテレ東だから期待してますこのプロジェクトは!

このプロジェクトの強みは、ネックになる広告主不足よネックになる放送権料と言うTV界の癌を取り除ける!

広告主という縛りをなくし引き換えに独立採算という道に出ると言う事か?

以前バシリスクがやったようなアニメの証券化と言うのもあるのだろうか?

アニメ株と言うのがあれば、冗談抜きで投資しますよ!

好きな作品なら配当が現物支給でもかまわん!

テレ東に関しては、以前他局でかなりむかつく発言をされた事ああるんですよ!

某有名司会者が、某局の番組でテレビ東京の忘年会知ってるか商品がアニメのポスターとかだぞとか言った時マジでその司会者嫌いになりました!

それ以降日曜21:00~日テレは見なくなりましたね!

ま~番組自体すごくくだらなくなってるし・・・。

殆ど法律相談しない相談所なんてさっさとつぶしたら?

あ~ほとんど言った人暴露してるよ・・・。

|

« まさか地元で! | トップページ | 暁のアマネカと蒼い巨神移植決定! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504152/46943892

この記事へのトラックバック一覧です: がんばれテレ東!:

« まさか地元で! | トップページ | 暁のアマネカと蒼い巨神移植決定! »