« やばいツボにはまった! | トップページ | ドロシアパワーアップ! »

おまもりひまり第8話レビュー!

今週もやってきましたおまもりひまり!

今週もぶっとんでます!

もう緋鞠がエロいわカワイイわ・・・。

DVDどこまでリミッター外すんだろう・・・・。

と言うわけで続きで・・・。

    写生の授業が課外授業!

緋鞠にモデルを頼む男子達!

Dsc02142

芸術はよくわからんと言い携帯のカメラで写真を撮りまくる緋鞠!

優人曰くメモリは常に写真で一杯!

Dsc02143

もし何かあっても記録を残せると喜ぶ緋鞠・・・。

その言葉の裏にあるいつ自分が倒されるか分からないと言う陰を含んでいる・・・。

Dsc02146

男子のモデル依頼は断ったが優人のモデルならいいぞと言って脱ぎだす緋鞠

Dsc02148

ノーブラ危険すぎる・・・。

Dsc02149

あまりに豪快に脱ぎすぎて光が・・・。

Dsc02150

あまりの大胆さに白目をむく緋鞠・・・。

Dsc02151

凛子じゃ無理じゃろうと凛子を煽る緋鞠・・・。

Dsc02152

優人に対抗しなくていいからと言われているのに対抗して抜いじゃう凛子・・・。

戦力差を見せつけるために胸を擦り付ける緋鞠・・・。

うらやましいぞ凛子!

Dsc02153

一方その頃緋鞠に情報を伝えに来たシズクだが・・・。

Dsc02154

出た場所が緋鞠にモデルを断られて沈む男子のど真ん中・・・。

我を忘れてシズクにモデルになってくれと言う変態たち・・・。

Dsc02155

モデルになりながら緋鞠達が、別の場所で写生している(写生派してないぞ)と聞き

Dsc02156

肝心なときにと怒りをみせるシズク

Dsc02157

一方事件現場でくえすに電話する鏑木さん

食い散らかされている妖かしに旋律を覚えるくえすに早く天河の力を取り込めと言う!

Dsc02159

ゆうちゃんのことは、わたくしのほうがわかっているから口出しをしないで頂戴と言うくえす!

Dsc02161

被害地域にピンを刺し現状確認をするくえす。

Dsc02163

エロイアングルでニーソックスを履くくえす・・・。

Dsc02167

一方その頃茂みに引き込まれる優人といっぽんだたらにのしかかられる凛子かわいい顔してもそこは妖かし凛子のパワーを持ってしてもはじき飛ばせない・・・。

(ちなみに可愛くてもこいつは男?です!)

Dsc02169

一方優人をさらったのは、アゲハだった!

Dsc02172

ねことどこまでやったの?とせまるあげは!

Dsc02173

ぬ~!

Dsc02174

ご主人として猫にあんなかっこやこんあかっこを・・・。

うわ緋鞠をこんな思い通りにできたらロマンすぎるぞ!

Dsc02175

キスをと言ったらお前は中学生か!とアゲハに突っ込まれる!

Dsc02176

優人を誘惑するアゲハ!

Dsc02177

キスシーンに光が・・・。

アゲハはエロすぎたか・・・。

Dsc02178

大人のエロさで迫るアゲハ!

Dsc02179

もう枝にかけた服で隠さなきゃいけないほどエロいです!

Dsc02180

一方なりゆきで男子のモデルをやってるシズク

Dsc02181

何かこの時のシズクの表情可愛いです!

Dsc02183

やっと合流する緋鞠とシズクと凛子!

Dsc02184

優人のピンチ?お楽しみは続く・・・。

ってこのシーンこういう持って行き方するって事は、ロリ巨乳緋鞠は、無しですか!

(原作では、2回目のアゲハとの戦いの時緋鞠はくえすの呪いで、胸以外ちびっこにされていた)

Dsc02185

なんというか・・・。

Dsc02187

さすがのチバテレビも今回はモザイクオンパレード・・・。

Dsc02188

優人がアゲハに、犯られそうになった時二人の間に刃が・・・。

Dsc02189

刃の正体はデスサイズ?

Dsc02190

早業で着替えるアゲハ!

Dsc02191

デスサイズを投げたのは緋鞠安綱の代わりに選んだのこれですか・・・。

Dsc02192

シズクも参戦すると・・・。

Dsc02194

戦闘放棄するアゲハアンタら二人同時にやりあうほど馬鹿じゃないからと!

そして目的は優人の力だと言う!

Dsc02195

そこに現れる鏑木さん優人をに事情を説明したいと言う!

Dsc02196

アイキャッチはとんでもない発言の多い担任の先生!

Dsc02197

マイクロビキニですか・・・。

Dsc02198

リズの店を借りきって話をする面々

Dsc02200

久々に登場のリズ!

その破壊力は健在だ!

Dsc02202

こんなに妖かしが集まるのは天河の力ですかと鏑木が言うと若殿の人徳じゃと言う緋鞠!

Dsc02207

鏑木とアゲハとシズクの説明を統合すると、西の妖怪が何者かに食べられているらしい!

それも犯人は妖怪の確率が高いと言う事!

放置しておけば、仲間の妖かしもピンチになると言う言い方で優人を説得する鏑木!

Dsc02212

妖かしを襲う妖かしなどおるワケなかろうと軽く流す緋鞠

Dsc02213

あれは人の仕業じゃないと言う鏑木!

Dsc02215

揉め合いをしている緋鞠の背後に

Dsc02216

突然現れる気配!

Dsc02217

突然の出来事に反応が遅れる一同!

Dsc02219

必死に優人を守ろうとする緋鞠!

Dsc02221

その緋鞠をあざ笑う酒呑童子!

Dsc02223

緋鞠の蹴りもあっさり受け止められ!

Dsc02225

相手の名前を聞き日本の三大妖かし相手では振りと冷静な戦況分析をするシズク

Dsc02226

アゲハに至ってはお話にもならずにぶっ飛ばされる・・・。

Dsc02227

緋鞠が代理の刀の一本で襲いかかるが、あっさりと砕けて弾き飛ばされる!

Dsc02228

ぶっ飛ばされながらも必死に優人を守ろうとする緋鞠だが・・・。

Dsc02229

シズクの奴の狙いは優人ではなく猫なの!と言う忠告も虚しく・・・。

Dsc02230

一瞬で押し倒される緋鞠

Dsc02231

誰も対抗出きない圧倒的な力で

Dsc02232

緋鞠を押し倒す!

そしてまずいと一言・・・。

今は力が中に向いているからだとか・・・。

Dsc02233

そのピンチを救ったのはくえすだった!

Dsc02234

しかもきっちりとわたくしにないしょで何やってるのかしら鏑木さんと鏑木も牽制する!

Dsc02236

くえすの登場でもさほど驚かないタマモ・・・。

Dsc02238

戦力外モードの二人・・・。

Dsc02239

さすがのシズクもこいつ相手じゃ分が悪い・・・。

Dsc02241

今のオマエには価値が無い扱いで開放される緋鞠!

Dsc02243

圧倒的な力の差を見せつけながらまだ完全じゃないと言う二人

Dsc02248

完全に姿を消す二人

Dsc02250

すぐに駆け寄る優人だが・・・。

Dsc02251

緋鞠の傷跡は痛々しい・・・。

Dsc02253

これしきの傷シズクならすぐに塞げると強がりを言う緋鞠!

Dsc02254

そして自らの力不足に唇をかみしめる・・・。

Dsc02255

で今回のエンディングは、シズクバージョン!

回る洗濯機?傷を浄化する?

あれキャラに寄って微妙に内容が違う・・・。

ちなみに現状の3忍だと凛子中の人が一番うまいな・・・。

Dsc02256

エンディングはハイライトシーン!

Dsc02257

当然シズクオンリーの!

Dsc02258

ほんとこの作品のキャラは、ソロなら他作品なら即メインヒロインクラスのキャラばかりだ・・・。

Dsc02259

そして次回予告は!

体型がかぶっているとタマモに文句をいうシズク!

Dsc02260

アゲハさんももうエロデレキャラですか?

う~ん今回かなり残念に感じましたね・・・。

1クールゆえの苦悩・・・。

監督は本当に頑張っていると思います!

ぶっちゃけ現在の原作量だと、ちょうど2クール分くらいなんです!

故に切らなきゃいけないエピソードがかなり多い・・・。

優人が一人で、発動させた天河の力とか、くえすの呪いを受ける緋鞠とか、復習は何もうまないことに気付かされるシズクとか・・・。

これもアニメに対する世間の目がまだマイナス方向だからか・・・。

マジであの監督の技量で2クールあれば神作品になれたのに・・・。

大人の事情がうらめしい・・・。

ただこの条件下においてはかなりいい出来でしたよ!

ただ安綱を失い体が、小さくなってバランスを取れなくなった緋鞠が、我が身に変えてこの爪だけでも若殿をまもると言う決意のシーンが削られちゃったのがちょっとショック・・・。

|

« やばいツボにはまった! | トップページ | ドロシアパワーアップ! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504152/47719974

この記事へのトラックバック一覧です: おまもりひまり第8話レビュー!:

« やばいツボにはまった! | トップページ | ドロシアパワーアップ! »