« 遂に発売! | トップページ | 定番スポットからマイナーどころまで (今日のテーマ) »

橋下知事に絶望した!

2次元児童ポルノ規制で橋下知事「大阪府も検討

このニュースのトピックス:東京都政

 18歳未満にみえるキャラクターの性描写がある漫画やアニメなどの販売や閲覧を規制する東京都の青少年健全育成条例改正案をめぐり、大阪府の橋下徹知事は19日、「大阪の実態を把握して規制の必要があるかどうか見極めたい」と述べ、府でも同様の対応を検討する考えを明らかにした。

 橋下知事は「石原慎太郎都知事らしい、太い政治信条に基づいた条例案。まったく意識していなかったが、大都市問題として都から問題提起を受けた」と話した。

 都の条例改正案をめぐっては、漫画家や有識者らが「表現の萎縮(いしゅく)を招く」として反対しているが、橋下知事は「表現の自由は絶対ではない。失われる利益が著しく大きいなら規制もある。子供を守るのが大人の責務で、表現の自由だけで議論を封鎖するのはおかしな話」との見解を示した。

確かに一部年齢制限も儲けないのに内容がやばい本はあります。

しかしそんなほんのひとにぎりノ為に、表現の自由を奪っていいのだろうか?

清濁併せ呑むと言うことを教えず、臭いものに蓋をするだけでいいのだろうか?

そしてその臭い物を判定する人が本当に、正しい判断をくだせるのか?

なんせ国のTOPが、説明責任もはたさない・・・。

更に謎の副幹事長解任・・・。

汚いことを教えずに操りやすい国民を作る前段階か?

必要な規制もあるとは思うが、度が過ぎると戦時中の外来語禁止のようなアホな規制になるのではないか?

ある意味これは作る側と受け入れるだけの側の戦争である・・・。

以前これに似たようなTV討論があってタルるートくんの作者が槍玉に上げられていました。

何故夢のある漫画を描いていた人が、東京大学物語や源氏物語のような作品を描くのかと・・・。

源氏物語に関しては、それが自分の解釈だと言い切りました。

それで見たくなければ見なければいい、万人に受け入れられようとは思わないと。

そうこの規制が広がると、万人が受け入れる作品しか世にでない怖い時代になる!

政治家なんぞ万人どころか認めない人のほうが多くても図太く生き延びているというのに・・・。

|

« 遂に発売! | トップページ | 定番スポットからマイナーどころまで (今日のテーマ) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504152/47854185

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下知事に絶望した!:

« 遂に発売! | トップページ | 定番スポットからマイナーどころまで (今日のテーマ) »