« 地震の影響で! | トップページ | さーて自分がニートになる確率を考えてみた! »

ヒキコモリ基準厳しいな!

自宅にこもり、ほとんど外出しない「ひきこもり」が全国で推定約70万人に達することが23日、内閣府が行った「ひきこもりに関する実態調査」で分かった。調査では家庭や学校でうまく関係を築けないまま成長し、社会でも溶け込めず不安を抱えてひきこもる人々の姿が浮き彫りになった。
調査は2月、全国5千人の15〜39歳を対象に行い、3287人から有効回答を得た。統合失調症や身体的な病気、妊娠、家事、育児の理由以外で6カ月以上ほとんど家から出ず、外出は近所のコンビニや趣味の用事の時だけと回答した人を「ひきこもり」と定義したところ、全体の1・79%が該当。人口推計から全国のひきこもりは約69・6万人と推計した。男女別では男性が66・1%と3分の2を占め、年齢別では35〜39歳が23・7%、続いて30〜34歳(22%)、20〜24歳(20・3%)となった。
ひきこもるきっかけは「職場になじめなかった」「病気(統合失調症以外の精神疾患)」が23・7%で「就職活動がうまくいかなかった」(20・3%)、「不登校」(11・9%)と続いた。小中学校時代の経験では「学校で我慢することが多かった」(55・9%)、「一人で遊んでいる方が楽しかった」(27・1%)、「家族に相談しても役に立たなかった」(18・6%)、「親が過保護だった」(同)などの該当者の割合が一般の人の2倍を超え、幼少時に周囲との関係がうまく築けていなかった実態が見えた。一方、現在の不安要素は「家族に申し訳ないと思うことが多い」が71・2%で最も多く、「集団の中に溶け込めない」(52・5%)、「他人がどう思っているかとても不安」(50・8%)と続いた。
調査の座長で明星大学大学院人文学研究科の高塚雄介教授は「今の社会は言語コミュニケーション能力の高さが重視されており、そこができない人は流れから外れ、ひきこもる傾向にある」と指摘。「人の気持ちには言葉にできないものもある。子供たちへの教育も含め、気持ちをうまく表現できない人を受け入れる社会を作る必要があるのではないか」と話している。
あのーこの区分だと自分もひきこもりじゃないか!
出掛けるのは、仕事と趣味のみ!
さー困った!
まさか自分が、ヒキコモリとわ・・・。

|

« 地震の影響で! | トップページ | さーて自分がニートになる確率を考えてみた! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504152/48959532

この記事へのトラックバック一覧です: ヒキコモリ基準厳しいな!:

« 地震の影響で! | トップページ | さーて自分がニートになる確率を考えてみた! »