« けいおん終わった! | トップページ | 熱海から届いたもの! »

同人屋としては、恐いニュース!

「ワンピース」偽グッズを販売=雑貨卸会社を摘発
 人気アニメ「ワンピース」の偽キャラクターグッズを販売目的で所持したとして、大阪府警生活安全特別捜査隊などは29日までに、著作権法違反容疑で、同府箕面市粟生間谷、雑貨卸会社社長田中博之容疑者(44)ら12人を逮捕した。同隊によると、いずれも容疑を認めており、田中容疑者は「月約2500万円売り上げた」と供述しているという。うち8人については既に釈放し、任意で事情を聴いている。
(時事通信社 09/29 16:50)
これって恐いよな〜ぶっちゃけ同人で作ってるアイテムなんて完全に、販売目的の偽グッズだもんな!
ちなみに、日本の中で比較的版権にうるさい某社の広報に聞いた所捕まるのは無許可で、あまりに稼ぎ過ぎた場合で、無ければ、イベントのみで売る場合は、本ならば見て見ぬふりをしてくれるそうで!
模型やグッズの場合は、審査してOKならばいいそうです。
ただ営利目的となる位の利益をのせると、売り上げの5〜8%の権利使用料をとるそうです。
ちなみに、書店委託とかで派手に稼ぐと版元や税務署の追及が、来る場合があるからご注意をとの回答でした。
結論:恐いときは面倒でもお伺いを立てましょう、回答が無くてもお伺いを立てた証拠を残しましょう。
ちゃんと対応しておけば、逆に版元さんの方が、同人側を紹介してくれる場合もあります。

|

« けいおん終わった! | トップページ | 熱海から届いたもの! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コミケを中心に発展してきた同人イベントでの二次創作は、版元もFAN活動の1つの形であり、自社作品を盛り立てる役割を持つ、と認めているから黙認の形を取っている訳です。
またワンフェスなんかではそこをうやむやにしないために参加費に「1日分の版権料」が含まれていますし。

それらに対して金銭目的の贋物呼ばわりはどうかと。
ポニ萌えさん自身が自分を同人活動をしている一人だと思っているならなおさら。
自分で自分の事を貶めている事になりますよ。

投稿: ☆川 月海 | 2010年9月29日 (水) 22時37分

一部そういうのもいると言うだけですよ。
後同人で作ったアイテムを拡大解釈されて偽アイテム扱いと怖いと言う事です。
(だから趣味の同人でも予防線を張った方が安全だと言う意味です。)
最近では、あまり有名な人だと版元出版社ともめるケースもあるようで・・・。
変な話自分がやった仕事だからと、その原稿をまとめて同人誌とかにされると、正規出版で出そうとしていた出版社が、先に同人誌で出ているという理由で思ったより売れなかったりとか、実害を被る例があったり。
(ま~権利が作家にあるのか出版社にあるのかは、契約の仕方次第だと思いますが)
双葉社クレヨンしんちゃん事件の様に、中国ではぱち物の方が、先に商標を取ってオフィシャル扱いとか、法を利用したあくどい商売をするやからのせいで、版元が神経とがらせていたりもします。
最近ではこんな事件も・・・。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100513/crm1005131121006-n1.htm
趣味を超えて完全な商売にしちゃうとまずいと言うだけです。
ま~実際同人は、赤で持ち出しのサークル多いし・・・。
実際家も大赤だし・・・。

投稿: ポニ萌え | 2010年9月30日 (木) 03時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504152/49598357

この記事へのトラックバック一覧です: 同人屋としては、恐いニュース!:

« けいおん終わった! | トップページ | 熱海から届いたもの! »