« アホだ! | トップページ | 悪夢だ・・・。 »

正直3Dはまだ微妙?

3D映画、3Dテレビが売れない… 原因は「高い価格」と「コンテンツ不足」

2010年9月23日(木)10時30分配信 MONEYzine

「アバター」で話題になった3D映画、各社参戦で盛り上がる3Dテレビだが、どちらも売上が伸び悩んでいる。ニーズとの乖離はどこにあるのか。
「アバター」などの3D映画が話題になったほか、3Dテレビも相次いで発売されて、3Dビジネスが盛んとなっている。しかし一方で、期待されたほどは、3D映画も3Dテレビも売れていないようだ。
 3D映画では、3D版と通常(2D)版の両パターンが上映されることが多いが、最近は、3D版の売上が下落傾向にあるという。通常版よりも3D版の方が制作費がかかり、入場料も割高なため、「アバター」効果が薄れるにつれ、3D版を敬遠する客が増えている。
 今年の春から夏にかけて、各社が新製品を続々と投入して力を入れている3Dテレビも、夏から売れ行きが停滞している。薄型テレビ全体の売上に占める3Dテレビのシェアは、せいぜい数パーセント程度と、まだまだ成長途上のジャンルだが、それでも物珍しさからか、夏前までは堅調に売上を伸ばしていた。しかし、3Dテレビそのものが割高であることに加えて、3D対応コンテンツがまだまだ少ないこともあり、その後の売れ行きは伸び悩んでいる。
 3Dテレビについての各種アンケート結果を見ても、ユーザーの冷めた意見が目立つ。東京電力が6月に実施したアンケート結果によれば、約半数の人が「3Dテレビを購入するつもりはない」と答えており、「年内の購入を検討している」はわずか0.7%でしかない。3Dテレビを購入する条件として、半数以上の人が「専用メガネをかけなくても見られる3Dテレビが発売されたら」「3Dで放送する地上波のテレビ番組が増えたら」と答えている。専用メガネの煩わしさとコンテンツ不足がネックとなっているようだ。
 みずほ情報総研が2月から3月にかけて実施したアンケート結果でも、3Dテレビを購入したいとは思わないという人が、約55%を占めた。3Dテレビを購入する条件として、半数以上の人が「通常の機器(2Dテレビ)との価格差の縮小」「3D対応の番組放送の充実」を挙げている。ユーザーのニーズに合ったラインナップが出揃い、3Dテレビが普及するまでには、もうしばらく時間がかかりそうだ。
ま~自分も買う気ゼロですし!

正直2年遅かった。

と言うのが感想ですね!

エコポイントがあるから買えと言う事で、新型TVの普及率が上がった時というタイミングが悪すぎる!

更にレコーダーも3D対応にしなきゃいけないのがマイナスですね~!

ちなみに今日見て来たけど3Dじゃないアクオスのクアトロンがびっくりするほどきれいでしたね!

でもこれも少しタイミング外した感が・・・。

正直これは低価格商品と値段を落とさずに戦えるいいものだっただけに残念!

だけど今回のエコポイントは、マジでメーカーの技術を上げたと思うのでこういういい税金の使い方をして欲しいです!

エコカー減税はぬるくしすぎたのがネックですね!

対象をリッター20m以上標準価格400万以下と言う条件だったらもう一回やてもらいたいですね!

正直クラウンクラスまで入っちゃうのはちょっと・・・。

金持ちは、高い金払ってください!

(こうしないと外車の対象車種が増えて国内消費増加にならない!この条件ならプジョーとかフォルクスワーゲン位でしょ対応できるのは!)

企業がもうかれば税金も入る!

消費をあおる方面に、税金使って循環するようにしないと!

(ま~色々経済学者の面白意見はあるんですけどね~!やったらやばいのばかり・・・。アメリカ国債全部うっぱらうとか、期限を決めて聖徳太子の一万円札使えなくするとか。)

医療費や生活保護とかマイナス方向は減らして!

マイナス方面を減らせば、パイが減ってもっとマイナスが減っていくし!

ま~まずは減らす事よりも、消えた老人問題を何とかして違法年金問題を解決するのが先ですけどね!

|

« アホだ! | トップページ | 悪夢だ・・・。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504152/49541742

この記事へのトラックバック一覧です: 正直3Dはまだ微妙?:

« アホだ! | トップページ | 悪夢だ・・・。 »