« 俺の妹がこんなに可愛いわけが無いこいけん編! | トップページ | もう捨てようかな・・・。 »

名前決定も大変だ!

来年3月12日の九州新幹線全線開通に伴い、新大阪-鹿児島中央を直結する予定の最速列車「みずほ」(仮称)のネーミングに関し、異論が相次いでいる。かつて東京と熊本などを結んだ寝台特急(ブルートレイン)と同名となることから、鹿児島県知事は「事前に相談があったら否定していた」と不快感を示し、鉄道ファンからも「最速列車の『格』にふさわしくない」との声が上がる。そうした声に配慮してか、JR側も「強い反対があった場合はよく相談しないといけない」と含みを持たせる。年内には正式決定する最速列車の名称の行方は--。
山陽新幹線と相互直通するのは、N700系をベースにした新型車両。名称は08年秋にJR西日本と九州が公募し、09年2月に最も応募数が多かった「さくら」に決定。その後JRは、同じ車両を使いながら、「さくら」よりも停車駅を減らして所要時間を短くする最速列車として「みずほ」を検討していることを明かした。
「みずほ」の名称について、鹿児島県の伊藤祐一郎知事は9月の会見で、「熊本止まりだった寝台列車と同じ名前は違和感がある。公募までして決めたのだから『さくら』でいい」などと発言。「地元自治体にJR側から相談がなかった」と不快感も示した。
鉄道ファンからも異論の声が。「さくら」は1929年、日本で初めて愛称が付いた特急「櫻(さくら)」に使用されたほか、戦後は東京-長崎間を結び、05年3月に廃止になった寝台特急にも使われた。一方、「みずほ」は東京から熊本や長崎などに向かった寝台特急で、「さくら」より後の61年に運行し94年に廃止された、いわば脇役的な列車。鉄道評論家の川島令三さん(60)は「列車の格は歴史の古さや役割などで決まる」と言い、「『さくら』の方が歴史が古く、『みずほ』より格上。それなのに、さくらより速い列車がみずほというのは違和感がある。多くの鉄道ファンも同じように感じているはず」と話す。
若いころ、寝台特急みずほを運転した経験があるというJR西の佐々木隆之社長は「賛否両論出るのはよくある話。強い反対があった場合はよく相談しないといけないが、これまで原則『みずほ』で来ているので……」。 JR九州の唐池恒二社長は「まだ調整中で、決定していない」と話している。【牧野宏美、綿貫洋】
もういっそ一般公募辞めたら?
それか、はじめから文句出そうな名前を避けとくとか・・・。
こっちもいざ文句の出ない名前になったら同名のアダルトサイトが、あったからまた名前変更とか!

|

« 俺の妹がこんなに可愛いわけが無いこいけん編! | トップページ | もう捨てようかな・・・。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

先に「はやぶさ」を取っておけば良かったのに。
つーか、「つばめ」を取っている時点で、これより格上はそうそう存在しないと思うのだが。

投稿: てんぽく | 2010年10月16日 (土) 18時13分

これ言い出すと一般公募と言う時点で、アウトなんですよね!
一般人は、いちいち鉄道の過去の歴史なんか掘り返さずにのりで投票するから!
いっそはやての時の様に、始めっから決まっているけど一応公募みたいなのの方がいいのかもしれませんね!

投稿: ポニ萌え | 2010年10月16日 (土) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504152/49758543

この記事へのトラックバック一覧です: 名前決定も大変だ!:

« 俺の妹がこんなに可愛いわけが無いこいけん編! | トップページ | もう捨てようかな・・・。 »