« 買う気なかったのに欲しくなった・・・。 | トップページ | らき☆すたがいっぱい・・・。 »

安さの代償・・・。

激安テレビから煙でメーカー倒産、負債額73億円
★西友やイオンで販売、32型3万円台で脚光も
 西友などが販売した激安薄型テレビのメーカーとして話題になったダイナコネクティブ(東京)が、東京地裁に自己破産を申請する方向で準備に入ったことが分かった。帝国データバンクによると負債総額は約73億円。消費者の低価格志向が強まるなか、同社のテレビは脚光を浴びたが、昨秋にイオンで販売した製品で発煙トラブルが発生して返品が相次ぎ、経営が行き詰まった。
 ダイナ社は2002年設立。中国や台湾、韓国などで液晶モニターの製造を手がけ、08年5月期の売上高は151億円を計上していた。 ベンチャーの家電メーカーとして、格安製品が強みのダイナ社に目を付けたのがスーパー大手のイオン。ダイナ社にDVDプレーヤー内蔵の32型液晶テレビの製造を発注し、昨年2月、国内最安値水準の4万9800円で販売を始めた。
 好調な売れ行きに半年後の同8月には、同社製の18・5型液晶テレビを2万9800円で販売。家電購入促進策「エコポイント制度」を加味すると、実質1万9800円という激安ぶりが話題になった。
 同11月には、同業の西友が年末商戦の目玉商品として、ダイナ社製の32型液晶テレビを3万9800円で発売。消費者の低価格志向をわしづかみにして、さらに勢いを増すはずだったが、とんだトラブルが発生。 西友が激安テレビを売り出したのと同じ月に、イオンに納入した一部の液晶テレビから発煙するトラブルが発生。それ以降、返品が相次ぎ、資金繰りに行き詰まってしまった。
 家電業界関係者が当時を振り返る。
 「消費者の低価格志向にマッチした戦略商品ともてはやされたが、あまりの安さに『品質は大丈夫なのか?』と当時から不安の声が出ていた。はからずも安かろう悪かろうという部分が露呈してしまい、ダイナ社も市場から追い出される格好になってしまった」
 イオン関係者は当時、ダイナ社製のテレビについて、「工場だけでなく第三者機関で安全性、耐久性を検査した」と胸を張っていたようだが、さて…。
やっぱり安さを追求しすぎるとこうなるのね!
まー自分は、高かろうが高性能を求めるんで、あんまり関係無いんですけどね!

|

« 買う気なかったのに欲しくなった・・・。 | トップページ | らき☆すたがいっぱい・・・。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504152/49732503

この記事へのトラックバック一覧です: 安さの代償・・・。:

« 買う気なかったのに欲しくなった・・・。 | トップページ | らき☆すたがいっぱい・・・。 »