« 出るの早すぎない? | トップページ | 放課後ティータイムだから午後の紅茶? »

安価広告戦略!

自動車メーカーが、簡易投稿サイト(ミニブログ)「ツイッター」を使って新車を拡販する動きが相次いでいる。ホンダが今月発売した主力小型車「フィット」のハイブリッド車(HV)の広告に使い始めたほか、日産自動車も年末に投入する電気自動車(EV)「リーフ」のサイトを開設した。国内市場の縮小が続く中、各社とも消費者と双方向の対話が可能な新媒体を武器に、「車離れ」にブレーキをかけたい考えだ。
ツイッターは「つぶやき」と呼ばれる1回当たり最大140文字の文章を投稿し、サイトの登録者らが閲覧、返信できる。
ホンダの活用法はフィットHVのデモカーを走らせ、ツイッター上で、例えば「もう川越はすぎました」「標識には○○と書いています」などとつぶやく。
これをヒントに利用者がフィットの居場所を見つけ、発見者にはプレゼントを贈る仕組みだ。同社は「ゲーム感覚で楽しんでもらい、フィットHVへの関心を高めたい」としている。
日産は8月から、ツイッターで閲覧者とリーフについて“質疑応答”を繰り広げている。「フォロワー」と呼ばれる定期的な閲覧者は6000人以上に達したという。
開発段階からツイッターを活用するメーカーも出てきた。川崎重工業は来年にも欧州で発売予定の大型バイク「ニンジャZX-10R」について、ツイッター上で開発コンセプトや秘話を英語で世界に発信している。バイクファンの一言が開発の参考になるほか、情報を小出しにすることで「ファンの反応や関心度もうかがえる」という。
各社がツイッターによる販促に乗り出した背景には、人口減少や景気低迷で国内販売が頭打ちになっていることがある。国内の新車販売台数(四輪車)は2000年度の約597万台から09年度には約488万台まで減った。
ツイッターによる広告は、テレビCMなどに比べるとコストも格段に低い。ある自動車大手関係者は「景気低迷で広告費は軒並み減っている。メーカーはより確実に、直接、顧客とつながる効果的な広告媒体を模索している」と指摘する。
手軽にメッセージを届ける媒体として、ツイッターへの期待は大きい。ただ、新媒体だけに現時点で販売効果は未知数で、広告の手法も確立していない。当面はどう拡販に結びつけるか、各社とも手探り状態が続きそうだ。(是永桂一)
まー初期投資が、ほぼタダだからいいんじゃないの?
高い広告費取るマスコミと、広告代理店に目にもの見せてやれ!
まーしかしこの不景気で、エコカー特需の終わった今庶民の財布に車を買う余裕はあるのか?
自分も欲しいけど、金が無いと言うのが現実ですからね〜!
もっと維持費がかからなきゃね〜!
車は、買うまでより買った後がきついから!

|

« 出るの早すぎない? | トップページ | 放課後ティータイムだから午後の紅茶? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504152/49822903

この記事へのトラックバック一覧です: 安価広告戦略!:

« 出るの早すぎない? | トップページ | 放課後ティータイムだから午後の紅茶? »