« 犯人のやりたい事がわからない! | トップページ | やっちゃった。 »

まっなるべくしてなったわけね!

あの恋愛ゲームの舞台で注目の旅館が破綻、負債21億円
★「ホテル大野屋」
 恋愛シミュレーションゲームの舞台として話題となった静岡県熱海市の大型温泉旅館「ホテル大野屋」(大野屋本店)が19日、静岡地裁沼津支部に民事再生法の適用を申請した。帝国データバンクによると、負債は約21億5000万円。通常通り営業は続ける。
 話題のゲームはコナミが6月に発売した「ラブプラス+(プラス)」で、男子高校生が女の子と交際し、親密になると熱海に1泊旅行するというストーリー。ゲームに実名で登場した大野屋では、予約時に「ラブプラス+」と告げれば男性1人でも布団を2組用意するサービスがファンにウケて、「携帯ゲーム機片手に訪れる男性客でにぎわっていた」(関係者)という。
 ただ、近年は客数の減少が著しく、「債務超過のもとで厳しい経営を強いられてきた」(別の関係者)。1934年に温泉旅館として創業した大野屋は、一時は「ローマ風呂の大野屋」として全国的に知られ、バブル期には団体客を中心に高い客室稼働率を誇った。客室数は174室と、熱海では最大手クラス。ところが、近年、熱海への宿泊客は60年代後半の年550万人からほぼ半減しており、大野屋も「多少の集客増では経営を支えられなかった」(同)という。
 コナミは10年9月中間連結決算で、営業利益が前年同期比74・6%増の80億5000万円と、“ラブプラス+効果”で業績を押し上げた。熱海は市をあげてラブプラス+効果による人気復活を狙っていて、温泉街きっての老舗旅館も一発逆転を狙ったものの、及ばなかったようだ。
(夕刊フジ 11/20 17:00)
まっあそこは、ボリ過ぎ!
従業員の態度も値段とは不釣り合い!
まっ当然でしょ!
ラブプラス+ブームの時に、低価格プランとかで、損して得取れで口コミ人気を狙えばいいのにアホな価格が、災いしてバスツアーも毎日から二日に一回になったし!
バブルから抜けられなかった時代錯誤ホテルだったと言う事か!

|

« 犯人のやりたい事がわからない! | トップページ | やっちゃった。 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504152/50082981

この記事へのトラックバック一覧です: まっなるべくしてなったわけね!:

« 犯人のやりたい事がわからない! | トップページ | やっちゃった。 »