« アホだ! | トップページ | 他社も動いた! »

老害退治にでかいところが動いてくれました。

涼宮ハルヒ怒り爆発! 性描写めぐり“アニメ大戦争”
★角川書店、都イベント不参加を表明
 漫画やアニメなど架空のキャラクターによる性描写を規制する東京都青少年健全育成条例の改正案。アニメ愛好家や作家から「不当な検閲だ」などと大ブーイングを浴びるなか、大手出版社の社長も抗議の声を上げた。角川書店の井上伸一郎社長が「都の姿勢に納得いかない」として、都主催のアニメの一大イベントへの不参加を表明、“全面対決”の姿勢を打ち出したのだ。
 井上社長による抗議文が発表されたのはツイッター上。井上社長は自身のアカウント名で8日、来年3月に東京ビッグサイトで開催される「東京国際アニメフェア」への出展について、「角川書店は来年の東京アニメフェアへの出展を取りやめることにいたしました」と書き込んだ。
 同フェアは、石原慎太郎都知事が委員長をつとめる「都とアニメ制作会社などでつくる実行委員会」が主催。角川書店も実行委員に加わっており、今年は244社が出展、約13万人が来場。主催者側、アニメファン、双方にとっての一大イベントだ。
 抗議の理由は、「マンガ家やアニメ関係者に対しての、都の姿勢に納得がいかないところがありまして」というもの。都が進める「青少年健全育成条例」の改正案への反発姿勢をハッキリと示した格好だ。
 この改正案は、過激な性描写の漫画やアニメの販売を規制するもの。案は、実在の人物のみならず、架空のキャラクターに関する表現にまで踏み込んだ規制であることから、多くの出版関係者や漫画家・アニメーターらから、「表現の自由の侵害」などと反発の声が噴出している。
 角川書店は「涼宮ハルヒ」シリーズなど人気作品を多数出版。井上社長はアニメ誌「月刊ニュータイプ」創刊時の副編集長、「月刊少年エース」の編集長を務め、NHKのアニメ番組への出演でも知られている。それだけに、「意」を持った決断といえる。
 この抗議にはさっそく多くの賛同の声が挙がっており、「蟷螂(とうろう)の斧かもしれませんが今後も頑張ります」と井上社長は話している。
(夕刊フジ 12/09 17:00)
角川今回は味方するぞ!
これに、講談社や小学館や集英社やスクエニあたりも抵抗すれば、少しはあの老害も考え直すか?
まー正直あの老害に、言いたい貴様それでも元作家か?
恥を知れ!
皮肉で、あいつの本全部検閲入れて今後の出版は、戦時中みたいに不適切表現スミで塗り潰すか?
大体今の世の中同人界ですら、印刷所とかで規制入れてない過剰表現の物は修正依頼しているのに!
(直接入稿で、修正喰らってる人何度か見てるんで)そんな自主規制を知って言っているのだろうか?
あのヒトラーの様な老害は?

|

« アホだ! | トップページ | 他社も動いた! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

今の現場知らないのはもちろん、おそらく下から出されてきた条文も
ろくに読まないでコメントしてるもん あの瞬きの多い人…。

頭の中だけのイメージだけで平気で発言する人間は流石にもう少し
叩かれるべき

投稿: ☆川 月海 | 2010年12月11日 (土) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504152/50263361

この記事へのトラックバック一覧です: 老害退治にでかいところが動いてくれました。:

« アホだ! | トップページ | 他社も動いた! »