« これはやばすぎる! | トップページ | アホだ! »

またユーザー無視ですか!

日本国内の電子書籍ビジネスが本格的に幕を開ける。ソニーとシャープがあす10日に電子書籍対応の端末を発売し、配信サービスを開始。NTTドコモも来月上旬に配信サイトを開設する。ただ、数十万〜数百万点が配信される海外に比べ日本は2万〜3万点と少ないうえ、配信サービス乱立が、逆に本格普及を妨げる可能性があるなど、クリアすべき課題は多い。

「何よりも早くスタートすることを優先させた」。米国ソニーの野口不二夫上級副社長は先月末、フジサンケイビジネスアイなどの取材に、こう述べた。ソニーは、米国や欧州の13カ国ですでに電子書籍専用端末「リーダー」を投入しており、「日本が孤立する前にやりたかった」と国内展開を急いだ背景を説明した。
ソニーは先月、リーダーの国内モデル2機種発売と電子書籍2万点を配信するサービスの開始を発表。国内勢初の端末とコンテンツの両輪による本格サービスのスタートと思われた。
しかし、遅れまいとソニー発表の4日後、シャープが多機能端末「ガラパゴス」の発売と、雑誌や新聞など約2万点の配信サービスをソニーと同日に始めると表明。ドコモと大日本印刷も今月7日、月内に共同事業会社を設立し、ドコモ端末7機種向けの配信事業をスタートさせると発表し、まさに“参入ラッシュ”の様相となった。
今後も国内市場への参入の波は止まりそうにない。ソフトバンクモバイルは年末に、「iPhone(アイフォーン)」や「iPad(アイパッド)」以外の端末向けの書店サービスを開始する。米グーグルも今月米国で始めた電子書籍の販売事業を、来年中に日本で展開する。
矢野経済研究所によると、電子書籍の国内市場は2010年度に前年比約1割増の670億円となり、14年度には1500億円超の規模が見込まれる。欧米で急速に普及した実績もあり、「映像や音楽などに次ぐビジネスの柱に育てる」(野口上級副社長)などと参入企業の期待は大きい。
ただ、各社の主導権争いが過熱する一方で、本格普及までには「まだ時間がかかる」(アナリスト)との指摘も根強い。
「日本市場は正直、ハードルが非常に高い」と野口上級副社長は話す。縦書きや漢字表示への対応のほか、「電子書籍展開への警戒感を持つ著者、出版社も多い」(印刷大手担当者)ことから、配信方法などで許諾交渉が難航し、「予想以上に手間がかかる」と打ち明ける。
海外では、米アマゾンが約75万点を、グーグルも約300万点を配信するのに比べると、日本勢の見劣りは否めない。
各社がこぞって立ち上げた配信サービスが、「読者視点からするとわかりにくい」(アナリスト)との声もある。どの端末やサービスでどの書籍が読めるかわかりにくいほか、紙と比べた際の価格メリットも現時点では不透明だ。
「いずれ陣営は集約される。わかりやすくしないと日本だけが取り残される」(野口上級副社長)ことは確実。
本格普及へ向け、各陣営の連携や協力が求められる場面も出てきそうだ。(森川潤)(2010年12月9日付フジサンケイビジネスアイ朝刊)
結局またメーカーは、自己利益優先ユーザー無視ですか!
正直SONYの端末は、小さすぎあかんわあれじゃ携帯とさほど変わらんまーPSPGOの二の舞だろう!
ガラパゴスは、ガラパゴスで、メーカー直販のみとかいきなり敷居あげてるし!
両方の問題点は、ハードでも利益を求めている事!
正直ソフトに自信があれば、ハードなんざ赤字だろうが、まずは普及を最優先にしないとβやHDDVDの二の舞になるとなんで気づかないのかね?
SONYもゲームでは、普及優先で、価格の割にオーバースペックのPS3を出しているのに・・・。
これが大企業特有の縦割りによる弊害か・・・。
まーまずSONYは、こけると思うあの低スペック端末にあんな大金出さんわ!
低スペックで、廻りが見えてないハードって言うと昔Leafが出した。ピース思い出すな!

|

« これはやばすぎる! | トップページ | アホだ! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504152/50251401

この記事へのトラックバック一覧です: またユーザー無視ですか!:

« これはやばすぎる! | トップページ | アホだ! »