« もうお前ら存在価値無いよさっさと消えて! | トップページ | よし放送日決まった! »

やれやれ

サッカー界も八百長疑惑
産経新聞 [4/2 15:11]
【蹴球ノート】北川信行
FIFA危機感「厳しい戦い」
八百長や賭博の問題がクローズアップされているのは、なにも日本の相撲界に限った話ではない。実は、世界のサッカー界でもそれらの疑惑が取りざたされている。
国際サッカー連盟(FIFA)によって2004年に創設された賭け行為を監視する機関「Early Warning System Gmbh」(EWS)の会合が先月25、26日に開かれ、違法賭博や八百長問題が討議された。その中で、FIFAのブラッター会長は「スポーツ界が抱える大きな問題」との認識を示したうえで、「フェアプレーや対戦相手に対する尊敬の念、規律の名のもとに行われるスポーツの根幹を揺るがすものだ。だからこそ、FIFAはこれらの価値を損なうどのような違反も許さない方針を貫く」と宣言した。会合で明らかにされた数字によると、スポーツを対象にした賭けによって生み出される金額は年間で推定3500億米ドル(約29兆円)から4千億米ドル(約33兆円)。しかし、実際に行われる賭け行為の半数が違法かグレーゾーンとみられ、正確な金額は算出不能だという。
最近では、2月9日にトルコで開かれた国際親善試合のラトビア-ボリビア、エストニア-ブルガリアで八百長疑惑が浮上した。この2試合では計7ゴールが記録されたが、すべてPK。FIFAは不正行為の疑いで試合関係者6人を調べていると発表した。
「(違法賭博や八百長への取り組みは)厳しい戦いになるが、サッカー界はこの困難を乗り越えることができると確信している」とブラッター会長。 とはいえ、合法な賭博も存在する世界で実効を挙げるのは、日本の相撲界より難しいかもしれない。
サッカーもブックありですか!まーギャンブルじゃない親善試合とかだったら感動を与える為には、あってもいいと思うけどね!

|

« もうお前ら存在価値無いよさっさと消えて! | トップページ | よし放送日決まった! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504152/51280958

この記事へのトラックバック一覧です: やれやれ:

« もうお前ら存在価値無いよさっさと消えて! | トップページ | よし放送日決まった! »