書籍・雑誌

あれ廃刊?

アスキー無料版って廃刊になったのいつも拾ってる店五軒廻ったのに一冊もなかった・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もし女子高生がドラッカーのマネイジメントを読んだらを読んでみた!

うぎゃ~HDD溜まりまくってるのに、本があると読んでしまう!

Dsc03923

と言ううわけで読んでみた。

買った理由は当然表紙の子が可愛いポニーテールだから!

で主人公の名前がみなみ?マネージャーになって甲子園を目指す?

まて新体操やったりしないだろうなと思ったがそれは杞憂でした。

ストリー的には、みなみの友人で野球部のマネージャーをやっていた夕紀が病気で入院したため代わりにマネージャーを始めた。

普通の公立高校の野球部を西東京で甲子園に連れていくという無謀すぎる野望・・・。

何も知識がないゆえにみなみは、マネージャーが何かを知りたくドラッガーのマネイジメントを買いそれを実践することで、野球部をマネイジメントと試みる!

そして野球部を経済に当てはめてみるが、みなみの勝気な性格がたたって上手くいかない、そこでみなみは、人当たりのいい友人の夕紀と野球部員の面談という形で野球部のメンバーのことを探る。

そして夕紀は、何故野球部のマネージャーをやっていたのかを語る。

それは小学生時代のみなみの野球での活躍を見てであった。

しかし当のみなみは、それが原因で野球を恨んでいた。

父親に騙されプロ野球選手を目指していた小学生時代大活躍をしてレギュラーを張っていたが、6年制生位で、ずっと補欠の幼馴染にどうしても勝てなくなっていく。

(この本発行当時では)その時女はプロ野球選手になれないと言うことを知り父親を攻めるみなみ影でなく母親。

その事を夕紀にだけ語るみなみ部員の前ではそんな態度を一切見せずに、野球部員の性格を把握した上での作戦を考える。

そしてその中に、変わり者を見つける部員の中で一番下手なのに、一番早く来てグランド整備をする男彼は、人脈と内申のために運動部をやっていると言う。

彼の目指すものは経営者そしてドラッガーに関してはみなみが読んだ本より更に上の本まで読んでいると言う。

そしてみなみの作戦が面白いと言うことで協力をしてくれる。

強力な協力者を得たみなみ野球部内に改革を起こし、ノーファーボール、ノーバントと言うありえない作戦を実行しま~そこは物語という事で、順調に準決勝を勝ち抜くしかしその時ありえないはずのことが起こった、友人夕紀の死・・・。

夕紀は母親に頼んでみなみを、騙していた。

本当は絶対に治らないのにあと少しで直ると言い続け・・・。

みなみの野球部を甲子園に連れて行くと言うのは、夕紀のためだった故に抑えられなくなった気持ちが爆発する。

自分は野球なんか嫌いだといい決勝戦を目前にして逃げ出すみなみ。

しかし実はこの事はみなみに内緒で夕紀が、野球部員に教えていたんで実は周知の事実だった。

みなみの事を追うもう一人の初期からいたマネージャーの文乃みなみを決勝の舞台に呼び戻す。

そして最後のバッターが、夕紀から聞いた話を参考にして、夕紀を小学生時代に感動させたみなみの作戦をこの大舞台で成功させる!

そして甲子園に行く野球部・・・。

で元ネタ多分タッチだろうから甲子園の結果なんて一切ないさ!

ま~ぶっちぇけると、経済書としては全く使えません。

物語として読む本ですね!

経済書として使えない理由は、必要なところまではしょりすぎ。

要点は抑えているけどあくまで要点のみ、肉付け無しなんでこの一部だけ見て真似すると大怪我しますよ!

後これ日本の社会で若い人がやると、高確率でハブられるんで、日本の場合これの実行の前に、それなりの人間関係を作ると言うのが大切です。

この物語の中でも、みなみは自分じゃそれができなくて友人の夕紀にやらせていますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンダムUC(ユニコーン)

ガンダムユニコーン現在小説が4巻まで出ています。

時代的には、逆襲のシャアの3年後

事の始まりは、UC 0000年(アフターコロニーでなく宇宙世紀ね)その時テロを起こした男が手に入れた、ラプラスの箱これがこのストーリーのはじまりである。

そのラプラスの箱の力で、テロリストはビスト財団と言う財団を作った、アナハイムとかにまで喰い込む大財閥(歴史のつじつま合わせ大変だろうな・・・。)この時代に、ラプラスの箱を託されたカーディス・ビスト彼は、ラプラスの箱をRX-0(ユニコーンガンダム)に託した。

ラプラスの箱の危険性を訴えようと、カーディス・ビストを説得に向かうオードリー・バーンしかし彼女はコロニー内で自由落下それを助けたアナハイムの学校に通っていた少年バーナージ・リンクス何故か、ネオ・ジオンに追われるオードリーそのオードリーのカーディスに会いたいという、話に耳を傾け一緒に、カーディスに屋敷に向かう。

その頃コロニー内外で、ネオ・ジオンと連邦の戦いが始まる。

その戦いの中ユニコーンガンダムの前で出会うカーディスとバーナージま^ご都合主義だが、バーナージは、カーディスの隠し子だった、自らの死を覚悟したカーディスは、ユニコーンガンダムの生体認証をバーナージに設定して、絶命する・・・。

滅茶苦茶な、火力のユニコーンガンダムしかしユニコーンガンダムの真の力はその火力ではなく謎の機能NT-Dプログラムこれが発動すると一本角のユニコーンガンダムが2本角のガンダムフェイスになり体も光を放つユニコーンガンダムは、全面サイコフレームの化け物モビルスーツ!

消えとと思えるほどの速度で移動をし敵を撃つユニコーン!ネオ・ジオンを退けるがネェル・アーガマ(ZZ時代のこれがまだ現役かよ)に捕獲されてしまう。

ネェル・アーガマに捕獲されたバーナージとユニコーンガンダム迫りくるネオ・ジオンとの戦いに出撃することになる。

ネオ・ジオンの狩るMSシナンジュは、ユニコーンガンダムのベースになったモビルスーツ(フレームが違うので最大出力は全然低い)であり、しかしイクラモビルスーツのスペックが上でも、シナンジュのパイロットフル・フロンタルとバーナージではあまりにパイロットとしての腕が違いすぎた。

あっさりフルフロンタルにとらえられるバーナージ、更にオードリーの正体が、ミネバ・ザビだった個人的にはこの時点でこの作品見限りたくなりました・・・。

(長谷川先生の漫画で逆襲のギガンディスとか言う漫画でミネバは、ジュドーに救出されているそのミネバがネオジオンにいるのアありえない。)

ユニコーンについて調べるフルフロンタルユニコーンのディスプレイに浮かぶRa+の文字解析の結果生体認証されたパイロットがNT-Dを発動させるたびに、一つずつラプラスの箱に対する情報がユニコーンに表示される設定だとわかる。

しかしまた出た滅茶苦茶設定フル・フロンタルの顔が、シャアそっくり?

も~いい加減にしろよ・・・。

連邦の方は連邦の方で、連邦のお偉いさんの息子リディが、作戦中に地球に逃げミネバを、自分の親に合わせ戦争終結させる為に、δプラス(Zプラスのベースが百式版)に二人で乗り込む!

ユニコーンガンダムにモニターを付けて、ネェルアーガマが襲ってきたときに、バーナージがユニコーンに乗れるように導くフル・フロンタルネェル・アーガマが襲ってきた時複数の思惑が絡み合う。

道を切り開き、地球を目指そうとするリディとミネバ、ネェル・アーガマに戻ろうとしてネオ・ジオンと戦うバーナージ、戦いの中で会うリディとバーナージ!リディを信じ血路を開く!

ユニコーンガンダムと戦うギラズールを駆るアンジェロ大尉に、フル・フロンタルから帰還命令が出る、納得しないまま引き下がるアンジェロそのユニコーンガンダムの前に立ちふさがるNZ-666クシャトリヤ(クインマンサに近い機体)を駆るマリーダ!

ファンネルを搭載するクシャトリヤ相手に苦戦するバーナージしかしこの戦いは、フル・フロンタルが仕組んだ戦いであった。

NT-Dは、ニュータイプドライブではなくニュータイプデストロイシステムであった。

そうマリーダは、ラプラスプログラムを進ませる為の捨て石にされたのであった。

いきなり語られるマリーダの過去それは、マリーダの本当の名前はプル・トェルブだった!(いい加減にしてくれ)

ZZに出てきたプルやプルツーの12番目の存在・・・。

だからクシャトリヤがクインマンサっぽかったのかと納得・・・。

バーナージを追い詰めたところ、発動するNT-D敵のファンネルを操るってなんだよ・・・。

滅茶苦茶な設置だぞ・・・。

更に精神を高揚させて、敵パイロットを倒すまで戦い続けるニュータイプキラープログラム・・・。

中々とんでもないご都合機能だ、強いけどこれってファンネル使わないタイプには普通じゃん・・・。

ZやZZだとスペック的にきついがEX-SとかF91やV2ならあっさり落とせそうだな、なんせこの当時の技術でミノフスキードライブなんてあるまい、とんでもない加速をしようが、ミノフスキードライブにはかなうまい・・・。

なんだか思いっきり賛否両論でそうな作品ですね。

ちょっとアニメを見た程度のファンには受けるけど、色々突き詰めようとする人間には嫌われる作品だな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白銀のカルいつ出るのかな?

暁のアマネカと蒼い巨神発売日決定ニュースを見て気になったのが・・・。

コンプティークで連載していた白銀のカルは、いつ文庫本出るんだ?

(自分が見つけてないだけでもうでてたりして・・・。)

出たら即買いたいですね!

カルかっこいいです!

工画堂スタジオ『暁のアマネカと蒼い巨神』

↑カル・ルスラン

工画堂スタジオ『暁のアマネカと蒼い巨神』

↑アマネカさん今日のお言葉!(マジで毎日変わってる・・・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)